Naoki

革新的な発想に関われる面白い仕事がしたい

大学卒業後は自動車好きが興じてカー用品店(自動車用品店)に入社し、整備の仕事を行っていました。当時iPhone3GSが発売されたのですが、初めて触れたとき「これはすごい、世界が変わるな」と、ものすごくワクワクしまして。それがキッカケでアプリ開発に興味が湧き、スクールに通って勉強しながら個人事業のアプリ開発を始めました。

いくつかアプリをリリースする中で、データ分析やマーケティングリサーチの重要性と面白さに気づき、もっとスキルを付けたいと思い、市場調査会社に転職しました。マーケティングリサーチの会社では3~4年働きました。課題のヒアリング、調査の設計、実査、集計、分析、レポーティング、報告まで一貫して行っていました。様々な業界や企業のマーケティングリサーチのお手伝いをする中で、報告して終了ではなく、もっと現場に入り自ら事業を変えていくことがやりたいと思う様になりました。

そんな中、当時ネットカフェをよく利用しており色々と調べていたら、「Hailey’5 Café」というベンチャーバンクが運営しているネットカフェを知りました。実際に店舗に行ってみると、かなり革新的なことを行っていて、普通とは違う発想で売上げを作っていることに驚きました。面白いことを考える会社にとても魅力を感じ、ベンチャーバンクへ転職しました。

希望のネットカフェに配属され、経営企画兼マーケターとして楽しく仕事をしていたのですが、グループ会社が運営するFEELCYCLEの考え方、見せ方、ブランド力に、ネットカフェとは違う革新的な新しさ、面白さがあるなと感じていた所、ちょうど今のポジションにお声がかかり、FEEL CONNECTIONに携わる事となりました。

多角的な視点で物事を捉え集客に繋げていく

現在、私が所属するブランド戦略部は、新規集客や既存会員の満足度を高めるための、マーケティングを統括している部署です。広告や、ホームページ、SNS、看板など、様々な媒体を通じてFEELCYCLEの魅力を伝える仕事になります。
具体的には、出稿する広告媒体の選定から予算配分、クリエイティブの作成、メディアとのリレーションや、他社との協業企画も行っています。
また、FEELCYCLEの会員様に楽しんでもらえる様に、掲載するSNSの内容や写真を考えることも業務のひとつです。

今までの経験を活かした視点で

ブランド戦略部に所属して初めての仕事が、2021年9月にオープンしたFEELCYCLE武蔵小杉の新規オープンに関するマーケティング業務でした。コロナ禍でのオープンだったため、正直非常に心配でしたが、いざオープンしてみると非常に多くのお客様にご来店頂けました。
ネットカフェ時代に体験したことですが、新店舗オープン時に店舗周辺の方々に知っていただくには、Webマーケティングだけではなく、看板やチラシ等のアナログな広告が欠かせません。また、場所によっても効果的な媒体が変わってきます。そのため、オフィスにいるだけではなく現場に行って店舗の周辺を回り、どの媒体で、どの様な内容を伝えるか考え、媒体との交渉も行いました。
その結果、コロナ渦にも関わらず多くのお客様にご来店頂いたことは、私にとって今までの経験が活かせた瞬間で、とても嬉しく、刺激的な経験となっています。

社員全員が“FEELCYCLE”というブランドを担っている意識がある

入社してまず初めに感じたことが、社員の方々がFEELCYCLEというブランドに対して、プライドを持って仕事をしているということです。
何かを決めるときに「これはFEELCYCLEっぽくない」という視点もそうですし、FEELCYCLEのアパレルを着て出勤している方も大勢います。また、夕方になると「今日何のレッスン受ける?」「このレッスンおすすめ」という会話がよく聞かれ、社員全員がFEELCYCLEのヘビーユーザーでもあります。
社員全体が、FEELCYCLEが大好きで仕事をしているためか、社内は常に明るい雰囲気が漂い空気感もとても良いです。
そして私がFEEL CONNECTIONに入社して感動したことが、オフィスがとてもキレイで広々としており、音楽も流れていること。窓も大きくて明るく、オフィス内のキッチンでは、オリジナルのプロテインや、豆挽きコーヒーが無料で飲めます。今までの会社でここまで整っているオフィス環境はなかったので、これもFEEL CONNECTIONの魅力だと感じています。

可処分精神シェアNo.1ブランドにしたい

コロナ禍で、解約や休会をするお客様も多くいらっしゃいました。しかし、一方で通い続けてくださるお客様もたくさんいらっしゃること、10月に新たにオープンした店舗にもたくさんの方が入会してくださったことなどから、FEELCYCLEを求めてくださる方がこんなにもいるのだということを実感しました。FEELCYCLEでは、音楽とひとつになって気付きを得られるレッスンを提供しているので、健康維持だけでなくメンタルヘルスを向上させることもできる、まさにこれからの社会に大きく貢献できるサービスだと確信しています。元会員だった経験や感覚を活かして、お客様が楽しく満足して通って頂ける仕組みづくりをすると共に、世の中にもっともっとFEELCYCLEを広めていきたいと思っています。
  • Daichi
  • Kaori
  • Yui
  • Naoki
  • Kaoru