Tatsu

やりたいことがなかった私を変えた、憧れのインストラクター

学生の頃は「これがやりたい!」という希望もなく、就職活動も事務系かなと考えていたところ、テレビで偶然FEELCYCLEを見て衝撃が走りました。「やりたい!!」という気持ちが溢れ、すぐに体験レッスンを受講。インストラクターがとにかくカッコよく、レッスンも楽しくて、ずーっとなかった私の”なりたい姿”がその日に見つかったんです!
どうしてもこの会社に入りたくて検索したら新卒採用があり、流れに導かれるかのように入社しました。私の配属先には偶然にも体験レッスン時に憧れたインストラクターがいたんです。その方と一緒に仕事をしていく中で、”私が初めてレッスンを受けた時のワクワクする感情を、お客様にも感じてもらいたい!”という思いが強くなり、それがインストラクターとしての私の目標になりました。

辞めたいと思った時に助けてくれたのは先輩の存在

FEELCYCLEのインストラクターの仕事は大好きですが、入社して1年くらいは、自分なりに精一杯頑張っていても自分のレッスンに他のメンバーと比べ予約が少ないことにどんどん落ち込み、モチベーションが一気に下がってしまいました。辞めたいと思う気持ちが大きくなり、転職活動もスタートして。そんな自分に寄り添ってくれたのが先輩の存在でした。
私よりも忙しいのにその姿を見せないこと、落ち込んでいる私に「一緒に頑張ろう!」と声をかけてくれたこと、ネガティブな私でいても変わらず接してくれる先輩の姿を見て「先輩たちのために私も頑張りたい!」という意識に変化したんです。意識が変わると視点が変わる、視点が変わると行動も変わる。するとお客様から評価をいただけるようになりました。結局全ては自分自身なんだとそのときに学びました。学生気分のまま社会人になり、今思うと精神力が全然足りなかったんです。今は入社して5年目ですが、1年目で辞めなくて本当に良かったと思います。その後はインストラクターという仕事がとても楽しくなりました!

主体性を持って行動することで、結果は自然とついてくる

インストラクター3年目で銀座店の副店長になりました。副店長時代は自分でも本当に頑張った!と言える期間。銀座店では『お客様のために、1日何かそれぞれが自分で考えたことをしよう』という心がけがあり、どうすればお客様のためにいい空間を作ることができるのかを、毎日考えて行動しました。「今日受けてよかった!」と思ってもらえるレッスンを意識するのはもちろん、例えばお客様の顔を覚えてお声がけをする、お金を渡すときには必ず目を見て渡す、靴を履く際に靴べらをお渡しするなど、小さなこともみんなで意識して。この経験は主体性を持って行動することの大切さを改めて感じるきっかけとなりました。
その結果売上も大幅に伸び、年1回開催される社内の表彰式では銀座店が1位を獲得! 私自身の自信にも繋がりました。お客様の満足度が伴うには、私たち自身がイキイキと元気に輝いていることが大切。その空気感がお客様に伝わり、喜んでいただけることを実感しました。お客様の目線に立って物事を考えるこの経験は、今現在携わっている運営管理の仕事でも活かされています。

バックオフィスとインストラクター、両方を知る強みを活かして活躍中!

受賞した後、ほかのことへの挑戦意欲が湧き上がり、FEELCYCLEの立候補制度を利用してバックオフィスに立候補しました。インストラクターも好きだけど、オフィスワークも経験してみたかった。結婚したばかりだったので、旦那さんとお休みの合う仕事にシフトしたかったんです。
運営管理の業務を行う前は色々な対応で大変そうだなと思っていましたが、実際に業務を行なってみると、お客様からの声により新しい視点に気づかせてもらえたり、インストラクターへの愛を知ることができたり、今後に活かせるお話ばかりなのでとても勉強になります。そして今も週に1〜2回、インストラクターとしてレッスンもします。お客様と店舗のリアルな声を理解できるのは、両方を知っている私の強み。今後もお客様や店舗のメンバーを、両方の視点でサポートしていきたいと思っています。

マルチジョブができる今の環境は最高に楽しい!

FEELCYCLEは仕事で成果を出せば、インストラクターだけではなく、スーパーバイザーとして店舗を統括したり、レッスンを作るトレーナーになったり、バックオフィス勤務が叶ったりと、ステップアップが可能です。私はバックオフィスとインストラクターを両立していますが、2つの場所に身を置くことで、バランスの良い理想の仕事スタイルで働けています。マルチジョブができる環境があることは、働く側にとって大きなメリットです。
私自身、理想の働き方が叶ったのは、挫折しながらもインストラクターとして頑張った結果なのではと感じています。主体性を持って取り組む、悩んだら素直に先輩の言うことを聞くなど、目の前のことに一生懸命取り組むこと、マルチジョブ制度が整っていたからだと思います。これからは皆様の期待にもっと応えるべく、興味のあることを増やして視野を広げ、お仕事に活かしていきたいです。
  • Asano
  • Yui
  • Daichi
  • Tatsu
  • Kaori