kaori

会員からスタートし
FEELCYCLEのメンバーに

新しい環境に飛び込み、新しい事に挑戦する。その感覚が好き。その為、大学では今まで学んだことのないスペイン語を専攻し、スペイン・メキシコに短期留学しました。
留学先では異国の文化や語学に触れる事で、新しい世界を知り自分の知識を増やしていきました。
就職活動では、得意な英語力を生かすべく外資系航空会社に就職しました。3年働いた後、更なる挑戦と成長を求めて外資系アパレル会社へ転職しました。そこでは、店舗スタッフからスタートし、エリアマネージャーや人材育成・採用など、人に関わる仕事を中心にキャリアを積んでいきました。
デスクワークが多かったため、仕事の合間に体を動かしたいと思い始めたのがFEELCYCLE。
最初は体を動かすこともでき、音楽も好きだから始めましたが、とにかく楽しくてハマってしまったんです!
レッスンも楽しかったですし、インストラクターの皆さんとお話しするのも楽しかったんです。気づけば毎日通っていました。

本当に好きと思える
会社に出会い、転職

ある日、今まで受けたことのなかったYaeさんのレッスンを受けました。Yaeさんのレッスンはとにかくパワフルで、今までに無いくらいFEELCYCLEの世界にぐいぐい引き込まれていきました。その時、“自分の表現で誰かを感動させられるって本当に素敵なことだな。あの場所から見る景色ってどんなものなんだろう…”と素直に感じ、その瞬間から自分もあのステージで思いっきり表現し人を感動させられる存在になりたいと思い始めました。
この時、特に仕事に不満があった訳ではありません。
むしろ、転職を考えたときに、年齢的にも、インストラクターは本当にできるのかと考えました。しかし、とにかくメンバーの人柄や店舗の雰囲気、そのすべてに魅力を感じ、今働いている会社より更に新しい自分に出会える確信がありました。そして、転職することにしました。

みんなで支え合うから
可能性は広がる
新しい自分に出会える会社

実際に通っていたからといっても、自分がインストラクターとしてレッスンを引っ張っていくのはやはり大変でした。自分がすばらしい先輩たちのパフォーマンスに触れてきたからこそ、同じようにできるのかなという不安もありました。しかし、先輩たちが日頃から良いところも悪いところもしっかり教えてくださったので、どんどん自分の枠を超えて表現力を磨いていけたと思います。
前職では教える立場だったため、誰かに教えてもらうという機会があまりありませんでした。
しかし、FEELCYCLEでは全員で素直に意見を出し合うという文化のおかげで様々な人にアドバイスをもらい早く成長することができました。また、日々努力をし自分自身の可能性を広げていく事で、様々なイベントへ出演することもでき、自分の成長を感じました。
このようにFEELCYCLEは自分をきちんと見ていてくれる人がいて評価してくれる場所だと思います。

自分のキャリアを生かし、
次のステージに進める会社

今はレッスンを行いつつ、アシスタントトレーナーとしてインストラクターの指導も行っています。新入社員研修で講義をするほか、担当エリアの店舗を回りながら、後輩のレッスンを実際に受けてフィードバックをしています。サポートした後輩たちがどんどん活躍していく姿を見ると嬉しく、やりがいを感じます。また今の仕事では、メンバーとの信頼関係の作り方や、物事の伝え方など前職での経験が活かされていることを実感しています。転職する際に、インストラクターへの悩みはありましたが、いま考えると何一つやってきたことは無駄になっていません。自分のやってきたことを生かせる環境を与えてもらえていることにも、本当に感謝しています。
今はアシスタントトレーナーですが私の夢は、トレーナーとしてみんなと一緒にFEELCYCLEの海外進出を成功させることです。
その為に今は語学の勉強を休みの日に行ったり、美術館に行き感性を磨いたりと早く夢を実現できるよう努力しています。
「あきらめずにチャレンジすることは、新しい自分になれるチャンス」。この言葉はFEELCYCLEの考えであり、私がずっと抱いていた考え方でもありました。だからこそ、わたしはこの言葉を忘れず進化し続けたいと思っています。
チャレンジできる環境がある!だから新しい自分になれるチャンスがある!どんな自分になっていくのか、私自身楽しみです。
  • Daichi
  • Tatsu
  • M.Saya
  • Kaori
  • WORKS FEEL CONNECTIONでの仕事
  • OUR MEMBER FEEL CONNECTIONで働く人々
  • BENEFIT 充実した制度や福利厚生
  • COMPANY FEEL CONNECTIONとは
  • INFORMATION 採用情報