Tatsu

経営者を夢見てインストラクターから店舗管理への転職を決意

前職もフィットネスジムのインストラクターをしていました。体を動かすことは大好きですが、家族が皆小さいながらも会社を経営しているので、私自身の夢も経営者。より広い視野を持ちたい、管理の仕事を極めたいと転職を考えていたところ、FEELCYCLEのスーパーバイザーの募集を見つけて応募しました。スーパーバイザーとは、複数店舗の売上施策を考え指導し管理するポジション。入社したときに上司から「10店舗で結果が出せるようになれば、小さな会社の規模と同じくらいの視点で管理ができるようになる」と教えていただき、それが最初の目標になりました。
知識をつけるため、まず1年間は店長を務めながらインストラクターとしてレッスンを提供することに。

どんな時も自ら仕事を楽しむことで、メンバーとの厚い信頼関係を構築

基本はシフト制なので店長が一日中店舗にいることはありません。ただ私はFEELCYCLEでのスキルがなかったため、自分のシフト時間外に事務作業などの店長業務は終わらせておき、シフト時間内は店舗のオペレーションに使いました。メンバーとのコミュニケーションや、清掃、お客様へのお声がけなど誰よりも動くことを意識。半年ほど続けていたらメンバーとの信頼関係ができ、店長として認めてもらえたように感じられて、すごく嬉しかったのを覚えています。
これだけ聞くと大変そうに思えますが、FEELCYCLEのメンバーは明るくて面白く、終始笑顔の絶えない職場。私はメンバーみんなが大好きなんです。前職は淡々と業務を行う職場だったので、一見大変そうに見える仕事も、笑いながら楽しく働くことができました。店長が楽しんでいると、メンバーは安心して働けると思っています。なので私自身が全力で仕事を楽しみました。

スーパーバイザーは経営者であり、結果にこだわることも必要

店長を1年経験した後スーパーバイザーになり、4店舗管理をすることに。スーパーバイザーになりたての頃、毎週「この1週間スーパーバイザーとして、何のために、何をするのか」を確認するミーティングがあり、そこで”結果にこだわる”ことを学びました。店舗しか知らない私はメンバーが仲良く、頑張って認められることを今まで重視していましたが、スーパーバイザーは経営者であり自分が持っている店舗の社長であること、その視点で仕事をすることの重要性に気付きました。
そこからは、これは何のために行うのかを自分の中で納得いくまで理解して、その上でメンバーに伝えることを意識し、納得できないなら代替案を提案。経営者なら、ただ上から言われたことをやって成果を残すだけではダメだと思ったんです。自分の意見を持ち、提案し、説得するなど主体的に動きました。新店舗立ち上げに携わったときは、目標達成できそうにない店舗があり、それを上司に報告したら「そこで諦めるのか」と怒られて。その瞬間悔しくて「絶対にやります!」と即答し、何ができるかを再度考え、店舗メンバーと一緒に本気で取り組みました。結果最終日に目標を達成でき、本当に嬉しかった。上司も頑張りを認めてくれて、信頼関係がより深まった出来事だったととても印象に残っています。

評価基準が明確だから、モチベーションアップに繋がる

FEELCYCLEは能力のある人がステップアップできる人事制度が整っています。自分の意見を持ち、主体性を持って動くこと、結果を出すことで、在籍年数関係なく役職が上がり、それに伴い収入もアップする会社です。判断基準が明確なので、キャリアアップを目指す方には特に魅力的だと思います。
私自身も店長、スーパーバイザーとステップアップしましたが、そのときの実績が認められ、当時はまだなかったその上のポジションである”チーフスーパーバイザー”として、現在は仕事をしています。
他社の友人からよく相談されるのが「頑張っても上のポジションが埋まっていて上に上がれない」ということ。その点FEELCYCLEは、能力がある人にきちんとチャンスが与えられるよう、会社が人事制度をどんどん見直して、新しいポジションを作ったり、働きやすい環境を常に考えてくれています。人数が増えて、会社も大きくなり、新しい部署やポジションが増えていくことは、私自身にとってもモチベーションアップに繋がるポイントです。

自分の行動に責任を持ち、素直でいることが成長の秘訣

入社して5年目ですが、私が入社当時から大切にしていることは、素直でいることです。今まで多くのメンバーと接していますが、素直なメンバーは吸収が早く、インストラクターとしての人気も高い。人にはプライドがありますが、私はわからないことがあったら「わかりません教えてください」と、素直に言える人が好きです。苦しいときには助けてくれる仲間がいるからこそ、自分を大きく見せる必要はないと思っています。
そしてFEELCYCLEの理念である『LET YOUR LIFE BE MORE BRILLIANT/関わる全ての人を輝かせよう』という言葉が私は大好きです。お客様を輝かせるには、まず自分たちが輝くこと。だからスキルのあるメンバーに色々とチャレンジできる環境を作っていくことが今の目標です。メンバー全員が輝ける場所にできるよう、自分ができることを全力で、今後も頑張っていきたいなと思います。
  • Asano
  • Yui
  • Daichi
  • Tatsu
  • Kaori