M.Saya

ダンサーの夢を手放して
出会ったFEELCYCLE

子どもの頃からダンサーになるのが夢でした。人を楽しませることが好きで、誰かが自分のパフォーマンスを見て笑顔になってくれることが嬉しかったからです。
就職はせずダンサーになると決めていたので、大学時代もいろいろなオーディションを受けていました。
しかし、人を楽しませたいから踊っているのに自分はどうして人と競っているんだろうと思うようになりました。夢と現実の違いに落胆した私は、ダンスから離れることを決心し、就職活動をすることにしました。
就職活動では、自分の興味があることにチャレンジしようと、アパレル企業を中心に受けました。数社から内定をもらっていましたが、就職情報サイトでFEELCYCLEを発見。そこには、アパレルに携われるだけでなく、自分のパフォーマンスでお客さまを楽しませることができると書いてありました。それを見た瞬間、自分がやりたかったことを仕事としてできるなんてと思いすぐに面接に行き、入社を決めました。

お客さまに感動を届けたいから
練習の日々が楽しい

入社してからは、ダンスに明け暮れた頃と同じように、練習三昧。 もともとダンスは、努力し続け、上を目指し続けなければ未来を掴めない世界。運良くお金を稼げるプロになっても、気を抜けばたちまちポジションを失ってしまう世界です。子どもの頃からそんな世界を見ていたので、会社員もプロとして努力するのが当たり前だと思っていました。足りないものを自ら見つけ、それを改善するためにすべきことを探り、実践する。私は、そんな積み重ねで、いままでできなかったことが一つずつできるようになる快感が大好きです。だから、プロのインストラクターとして最高のパフォーマンスを目指すという情熱は、当たり前で自然なものでした。
入社3カ月目にデビューしてからも、最高のパフォーマンスを提供すべく練習を重ねる毎日。様々な先輩のレッスンを受けたり、話を聞いて知識を増やしたりしていました。 私は、自分自身のパフォーマンスに満足したことがありません。なぜなら、自分が満足してしまったら上を目指せなくなるから。いつか先輩たちのように、お客様に感動したと言っていただくのが夢です。自分が努力するほど、お客さまの笑顔が生まれる。こんなに楽しい仕事はないと、入社以来ずっと思っています。

厳しいことも言い合う
環境があるから成長できる

頑張って働くからこそ楽しい。
そんな思いの人を増やしたくて、まずは自分が経験を積むべく、様々なポジションに立候補しています。入社2年目には念願が叶って副店長になり、渋谷店の立ち上げにも参加しました。
副店長になった当初、自分の未熟さを実感したことがあります。努力するのが当たり前と思っていた私は、メンバーに髙い目標を掲げ、努力し続けることを求めました。しかし、メンバーと思いの共有ができず、対立してしまったこともありました。
しかしある時、自分の当たり前と人の当たり前は違うと、先輩に言われてハッとしました。以来、一人ひとりを尊重しながら引っ張っていくにはどうすれば良いのかを考え、伝え方や言葉の選び方に気をつけるようになりました。
このように、親身にアドバイスしてくれる先輩、自分の足りないところを気づかせてくれる後輩がいる環境に感謝しかありません。互いにはっきり言い合ったぶん、成長につながる。メンバーは信頼すべき家族のような存在です。

仲間と勝ち取る賞
みんなで努力する楽しさ

私が変われば、メンバーが変わる。
そして店舗のムードも変わります。みんなが努力するようになり、ついに私たちの店舗は、年2回行われる会社の表彰式で、2回連続入賞を果たしました。この賞は、優秀な取り組みや実績を残した店舗が表彰される賞。とても嬉しかったですし、一人では達成できなかった結果です。
ここで表彰されると、店舗のメンバーで海外研修に行けます。私たちは、1回目はシンガポール、2回目はロンドンに行きました。研修では、現地でフィットネスレッスンに参加して最先端に触れたり、美術館やギャラリーに行くなど、観光もしました。夜はみんなで現地のおいしい食事を囲みながら、様々な話で盛り上がりました。そんなゆっくり話し合える時間があったことで、メンバーの仲も深まりましたし、次の目標に向けて全員でモチベーションを上げることができました。みんなで努力してきて良かったと心から思えた瞬間でした。

豊富なキャリアの選択肢
どんな夢を選択しても
実現できる環境

今は新店舗の立ち上げに副店長として携わっていますが、インストラクターとしてのスキルも磨いて、ゆくゆくはSVになるのが目標。そのうえで、年に1回行われるFEELCYCLE最大のイベントLUSTERの出演も目指しています。今の目標はこれですが、もともとアパレルにも興味があったので、将来はアパレル事業部に立候補しているかもしれません。
FEELCYCLEは、自らチャンスを掴むことができる場所。そのためにも、日頃努力し、チャンスに備えておく必要があります。数年先のキャリアの選択肢をたくさんイメージできるのもこの会社ならではだと思います。
私は、結婚して子どもができても、変わらずバリバリ働きたいと思っています。子育てをしながらも変わらずレッスンを提供し、キャリアアップしている女性インストラクターのメンバーも近くで何人も見てきましたし、可能性は無限大。どんな夢も必ず実現していけると確信できる環境があるから、私は日々頑張れるのだと思います。
  • Daichi
  • Tatsu
  • M.Saya
  • Kaori
  • WORKS FEEL CONNECTIONでの仕事
  • OUR MEMBER FEEL CONNECTIONで働く人々
  • BENEFIT 充実した制度や福利厚生
  • COMPANY FEEL CONNECTIONとは
  • INFORMATION 採用情報